歩み
      

株式会社ケイエスジェイの歩み

 
1993年
初代の空調用DDCと、空調用分散型通信と制御の管理ユニットとしてIcontを開発しネットワークを構築できるシステムを開発、その後現場に納入する。
 
1997年
初代の配膳車用温調コントローラの開発をおこない、信頼性試験をへて製品の供給を開始する。
 
2002年
2代目の空調用熱線式風速センサー式VAVコントローラと熱線式風速センサー式IVCコントローラを開発、その後供給を開始する。
 
2004年
初代のマスフローコントローラのハードウェア開発をおこない、信頼性試験をへて製品の供給を開始する。
 
2007年
3代目の空調用熱線式風速センサー式VAVコントローラと熱線式風速センサー式IVCコントローラを開発、その後供給を開始する。
 
2010年
2代目の空調用ベンチレーション窓システム用のブラインドコントローラとブラインド角度演算と通信管理用の2代目の分散型管理ユニットを開発、その後供給を開始する。
2012年
3代目の配膳車用温調コントローラの開発をおこない、信頼性試験をへて電装品全てをセットにし製品の供給を開始する。

2013年
4代目の空調用分散型通信と制御の管理ユニットとしてデュアルコアのCPUボードを開発し、そのボードを使用したネットワークを構築でき制御ができるコントローラを開発し、2014年度から納入開始予定
                             
1992年
初代の空調用熱線式風速センサー式VAVコントローラを開発し、その後供給を開始する
1995年
初代の空調用ベンチレーション窓システム用のブラインドコントローラとブラインド角度演算と通信管理用の初代の分散型管理ユニットを開発、その後供給を開始する。
2001年
2代目の空調用DDCと、空調用分散型通信と制御の管理ユニットとしてIcontを開発しネットワークを構築できるシステムを開発、その後現場に納入する。
2003年
医療用の検査機器として眼球運動検査装置用のコントローラの開発をおこない、信頼性試験をへて製品の供給を開始する。
 
2005年
2代目の配膳車用温調コントローラの開発をおこない、信頼性試験をへて電装品全てをセットにし製品の供給を開始する。
 
2009年
3代目の空調用DDCと、空調用分散型通信と制御の管理ユニットとしてIcontを開発しネットワークを構築できるシステムを開発、納入する。
 
2011年
医療用の検査機器として老視眼補正用検査装置用のコントローラの開発をおこない、信頼性試験(特に輻射ノイズではClass-B)をクリアする。
 
2013年
4代目として、3代目の共通化とコストダウンのための空調用熱線式風速センサー式総合ダクト制御コントローラを開発し、その後供給を開始する。